映画『心の傷を癒すということ』 公式サイト

主人公の精神科医・安和隆を柄本が演じるほか、安の妻・終子役に尾野真千子、親友役に濱田岳、兄役に森山直太朗が名を連ねた。 安先生が医学部に入った後、精神医学を専門にすると言ったら激怒されたり、震災の避難所で「精神科のお医者さんにお世話になっていると噂になったら困る」と被災者から避けられたりする。

13
この作品が伝えている温かく優しいメッセージか、ひとりでも多くの方に届いてほしいですし、伝わってほしいと思っています」と真摯に語っていました。 85年、神戸大医学部卒。

主演の柄本佑さんが映画「心の傷を癒すということ」に抱いた初めての思い(1/2ページ)

原作の良さに加え、「心の傷を癒すということ」の本質を示した「弱いっていうのは大事なことだよ。 阪神大震災で被災者の心のケアに当たった安克昌(あん・かつまさ)医師をモデルに、昨年1~2月にNHKで放送されたドラマ「心の傷を癒(いや)すということ」(全4話)を再編集した劇場版が今月29日から、東京を皮切りに公開される(関西などは2月12日から)。 谷村英人 演 - 日報新聞社文化部の新聞記者。

11
そして1995年1月17日…34歳のときに阪神淡路大震災で被災して、非難所で人々と向き合って。 腰が痛くてペインクリニックに行くと、結構な混み具合である。

『心の傷を癒すということ』映画化決定 柄本佑「新たな魅力を発見していただける」|Real Sound|リアルサウンド 映画部

主題歌の森山も出演しているほか、濱田岳、浅香航大、濱田マリ、キムラ緑子らといった、実力派キャストが名を連ね、人々の絆を描いていく。 被災者を支えた医師たちには家族を震災で亡くされた方もいる。

13
PDF プレスリリース , , 2020年3月19日 , 2020年5月1日閲覧。 柄本佑(安和隆役) 『心の傷を癒すということ』が再編集され劇場版として生まれ変わることとなりました。

『心の傷を癒すということ』映画化が決定!森山直太朗の書き下ろし主題歌も |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS

95年の神戸を初めてリアルに感じ、イメージできるようになった。 そして、神戸での完成披露試写会ということで、安先生の妻・終子を演じた尾野真千子と安先生に扮した柄本佑からビデオメッセージが届けられました。

2
28 感想投稿キャンペーン! 内容: 本作をご鑑賞された方のご感想を募集いたします。 こんな中、色々なお医者さんや看護師さんが協力要請によって生きている方のお世話になることが多いですが、お医者さんの中でも性質上、内科や整形外科専攻の方が多いです(もっとも、日本の法律上、医師免許さえ持っていれば、内科でも心療内科でも見ることは可能)。

NEWS|映画『心の傷を癒すということ』 公式サイト

【写真を見る】柄本佑が、阪神・淡路大震災時に被災者に寄り添った精神科医に扮する [c]映画「心の傷を癒すということ」製作委員会 また、あわせてポスタービジュアル、場面写真も解禁。

11
そう勘違いするほど非現実的な壊滅した景色が流れていたのです。 原案となった安医師の著書「心の傷を癒すということ」はサントリー学芸賞を受けるなど話題となった。

主演の柄本佑さんが映画「心の傷を癒すということ」に抱いた初めての思い(1/2ページ)

安終子:• ダイジェスト版ともとれるやや駆け足の展開ではあったが 本質を損ねることない仕上がりなのではないかと推測する。 三重県 近畿• 1995年の震災当時、8歳の柄本さんは東京にいた。 また、神戸での撮影について聞かれると安達氏は、「神戸のシーンはほぼ神戸でロケをしたんですが、昨年がちょうど震災から25年という節目だったので、行く先々でドラマについて丁寧に説明させていただいたら、涙が出るぐらい、たくさんの皆さんにご協力いただけて、避難所の撮影も300人ぐらいの方にご参加いただきました。

私は阪神淡路大震災を直接体験していないので、それをドラマで表現することへの引け目はありましたが、ちゃんと震災と向き合おうと思いました。 二時間になった事でオリジナルとは違った新たな魅力を発見していただけると思います。

心の傷を癒すということ《劇場版》|上映スケジュール

在日韓国人二世。 横には友人が寄り添った。 埼玉県• 六本木• 震災を機に広く知られるようになった心的外傷後ストレス障害(PTSD)の研究・治療にも尽力した。

13
上映中のエリアを選んでください。 阪神・淡路大震災時、被災者の「心のケア」のパイオニアとして奮闘しつづけた精神科医の半生を描くヒューマンドラマ。

心の傷を癒すということ≪劇場版≫の上映スケジュール・映画情報|映画の時間

泣かせにかかるような わざとらしさのなさにむしろジワリと感動させられた。 【ストーリー】 2020年1月にNHKで放送されたドラマ「心の傷を癒すということ」の本編を再編集した劇場版。

3
「目立たぬように、はしゃがぬように、似合わぬことは無理をせず、人の心を見つめつづける、時代おくれの男になりたい」 安医師のような人間は、もはや時代遅れなのだろうか。