【#プロレス今日は何の日】1990年5・24 新日本プロレス東京ベイNKホール マサ斎藤&橋本真也&北尾光司vsビッグバン・ベイダー&クラッシャー・バンバン・ビガロ&スティーブ・ウィリアムス

試合の勝敗と全く違う部分で、レスラーの良さが分かる時があります。

10
怪奇派女子プロレスラーのとのも実現した。 ブル・パワーのリングネームでヨーロッパCWAに転戦、オットー・ワンツを破りCWA世界ヘビー級王座を獲得。

1989年ワールドプロレスリング放送リスト

- (英語). ECWではタズとの抗争、WCWでは同郷のダイヤモンド・ダラス・ペイジらとのユニット「 Jersey Triad」などで活躍した。 01 岐阜 土岐市スポーツセンター 佐野直喜 vs 保永昇男 小林邦昭&馳浩 vs ヒロ斎藤&後藤達俊 1989. 「ソ連強い!」「水車落としスゲー!」とファンに強烈なインパクトを与えました。 日本で活躍した外国人選手の一人で、三冠ヘビー級王座とIWGPヘビー級王座の両タイトルを獲得した最初のレスラーで、なおかつ唯一の外国人レスラーでもある。

13
1993年5月、UWFインターナショナルに移籍。 WCWA TV王座 : 1回 WAR• 2000年7月に、火事に巻き込まれた近所の子供を大火傷を負いながらも助けた。

バンバン・ビガロ:インパクト大の入れ墨モンスター【レスラー列伝#13】

来歴 プロレスラー養成所のモンスター・ファクトリーを経て、1985年12月に「 クラッシャー・ユーコフ( Crusher Yurkof)」のリングネームでデビュー。 シングルのみならず、タッグでも IWGP王座を取りました。 しかし、3年後にWWFを離脱した際には、事情は不明だが新日本への再来日は実現せず、WARに参戦することとなった。

17
猪木引退における「ファイナル・カウントダウン」でシングル対決した際、試合中猪木に「ガンバッテー! ただ、日本のファンは真剣勝負を愛するし、一方で敗者の美学みたいなものもスゴク愛してるから、一進一退の好勝負を演じて、惜しくも負けた、でも負けた側もすごく頑張った、イイ試合だったって時にはむしろ負けた側を絶賛することもあります。 ECWではとの抗争、WCWでは同郷のらとのユニット「 Jersey Triad」などで活躍した。

1989年ワールドプロレスリング放送リスト

グリーティングス・フロム・アズベリー・パーク(変形)• 26 佐賀・唐津市文化体育館 坂口征二 木戸修 後藤達俊 vs リップ・モーガン イタリアン・スタリオン マット・ボーン 1989. そういう意味で、ビガロという選手は上手かったのかもしれないのだけど、ビガロが日本で活躍してた時期の私は、あんまり深いとこまで考えながらプロレス観戦してなかったので、ビガロの良さが分からなかった。

16
WWFに参戦する際、参戦期間を3年と宣言した。 ただ、それが一人のレスラーとしてファンからの評価がどうだったかというと、正直私もよく分からない。

【訃報】クラッシャー・バンバン・ビガロさん逝く | 新日本プロレスリング

それもビガロの仕事だったわけで。 ところが北尾のキック数発でビガロが戦意喪失。

19
は学生時代からの友人である。 お仕事依頼やご相談頂けます際はtwitterからお気軽にDMください。

バンバン・ビガロ:インパクト大の入れ墨モンスター【レスラー列伝#13】

その後、日本では、、、アメリカでは(現:WWE)、、など各団体に参戦した。 『』の「」に「バンバンビガロ大佐」として出演。

7
も活動を続け、5月31日には・のPCWにてタッグ王座を獲得。 1999年3月、ジャイアント馬場没後初の三冠戦(王座決定戦)で田上明を破り三冠ヘビー級王座を獲得、4月にはチャンピオン・カーニバル優勝。

【訃報】クラッシャー・バンバン・ビガロさん逝く | 新日本プロレスリング

ビースト・フロム・ジ・イースト( Beast from the East)の異名を持つ巨漢レスラーとして活躍し、日本では「 刺青獣」などの異名で呼ばれた。 でもハシミコフとの件があったので、すごくイヤーな予感がしてた。 脚注 [ ] 2018年11月3日閲覧。

1
2009年2月に元WWEのテストとともに来日し、ベイダータイム1, 2を開催。 WCWハードコア王座 : 1回 ECW• 外部リンク [編集 ]• 1月よりに登場。

ビックバン・ベイダー / クラッシャー・バンバン・ビガロ おまとめ動画集

ECWではとの抗争、WCWでは同郷のらとのユニット「 Jersey Triad」などで活躍した。

12
獲得タイトル [編集 ] 新日本プロレス• 03 後楽園ホール 木戸修 vs ダリル・ピーターソン 1989. それまでもアメリカで「ソ連出身/ロシア出身」と名乗って闘う有名選手は存在しましたが、それはあくまでアメリカとソ連が冷戦で敵対状態にあった政治情勢を利用した設定であって、実際にロシア出身の選手はいなかった。

スタイナー・ブラザーズ

にまで施されたや、炎をあしらった全身コスチュームをトレードマークに、巨体に似合わぬ軽快な身のこなしで側転をするパフォーマンスなどで「動ける」としてファンに認知された。

16
選手に会いたい 選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。