妊娠にまつわる言い伝え、諺(ことわざ)目につくものを集めてみました。そして感想(というより愚痴)

後ろに目なし うしろに目はないから、見えない、知らない。

4
腹帯に書いてある性別の逆になる などのほか、多数あります。

ことわざ一覧

またそのときの鋭い目つき。 目元千両口元万両 美人は目元が美しく口元が可愛いらしいさま表すたとえ。 三つ子の魂百までの「三つ子」は「三才児」を指します。

10
恋は盲目(こいはもうもく) 恋におちると、理性や常識を失ってしまうということ。

3のつく諺(ことわざ)を集めてみた

【め】• 【に】• 口は閉じておけ目は開けておけ(くちはとじておけ めはあけておけ) 余計なことをしゃべらないで、その代わりに目を大きく開けてものをよく見よ、という意味。 聞けば聞いたで心を悩ます。 私たちの親の代もそのまた親の代もさらにその上も生活様式そのものが変化し続けているのですから、親の体験がそのまま次に繋がらることは難しいかもしれません。

1
多く、欠点や欠陥を探すときのようすに使う。 2013年2月1日掲載 【関連コンテンツ】 ・. 猫の目 物事がその時の事情によって目まぐるしく変わることを意味します。

目を使った慣用句・ことわざの一覧!

今では広く復讐するの意で使われている。 喪服も着物ではきついかもしれません。

目が出る 物事が思うように進むことを意味します。 握れば拳開けば掌 にぎればこぶしひらけばてのひら 意味 同じ手でも人をなぐる拳ともなれば、人をなでる掌ともなる。

目を使った慣用句・ことわざの一覧!

溺愛する事。 目を掛ける ひいきにしたり、注意して見入ったりするという意味です。 よく言われる言い伝えに• 全く字を知らない事 目に入れても痛くない 子どもや孫がかわいくてたまらないこと。

8
豪毛(ごうもう)とは極めて細い毛のこと。

目を使った慣用句・ことわざの一覧!

目は豪毛(ごうもう)を見るも睫(まつげ)を見ず 他人の欠点は細かなところまで気づくが、自分自身のことになるとなかなか気がつかないことのたとえ。

1
意のままにならずもどかしい事 抜け目がない 他人はどうあれ、自分だけは得をしようと気を配り、要領よく振る舞う様子 百聞は一見にしかず 人の話を何度も聞くよりも、一度実際に自分の目で見たほうがよい、 という意味 都は目恥ずかし 田舎は口恥ずかし 都会の人は目がこえているから、はたで自分をどうみているかと心をくばり、自分を恥じるが、 地方の人は口うるさいから、なんと言っているだろうと気がひける、ということ 耳を貴び目を卑しむ 人から聞いた事は尊重するが、自分で見たことは軽んずる。