マンチェスターU対サウサンプトン

セリエA [11月10日 10:36]• スペイン [12月3日 21:12]• デヘアからパスを受けたポグバがイングスにボールを奪われ、ネイサン・レドモンドのクロスを受けたスチュアート・アームストロングが右足を振り抜いて先制に成功した。 セリエA [11月23日 8:55]• リーグ戦で9試合負けなしのトッテナムを率いるジョゼ・モウリーニョ(Jose Mourinho)監督は、攻撃の姿勢をほとんど見せない慎重な戦術を採用し、かつて率いた古巣をいら立たせたことに満足した様子だった。 ブンデス [11月29日 7:43]• 前半39分 黄バートランド(21)が警告を受ける 選手交代、アレクシス・サンチェス(7)がアウト、ディオゴ・ダロット(20)がイン 後半7分 ゴール!!!アンドレアス・ペレイラ(15)がゴールを決める。

9
ブンデス [11月28日 7:25]• スペイン [12月2日 22:51]• 23分、ジェームズ・ウォード・プラウズが上げたCKからのクロスにヤン・ベドナレクがヘディングで合わせ、先制する。

マンUに生じたほころびの理由とは? 攻撃陣は好調を維持も、トップ4入りを阻む不安要素は…

セリエA [11月24日 21:44]• 逆転ゴールが欲しいマンチェスター・Uは後半アディショナルタイム1分、フレッジからパスを受けたブルーノ・フェルナンデスがエリア手前から右足を振り抜くが、ボールはわずかに枠を越える。 ダニー・イングスが最前線から動いてライン間でボールを受け、空いたスペースに味方が走りこんでいく。

15
うまくいったり、いかなかったりするが、ゴールを決めるにはその場所にいなければいけない」と語った。

マン・U救ったカバーニだが…OBキーン氏はやや不満も?「困惑している」

トッテナム・ホットスパーのジオヴァニ・ロ・チェルソ(左)とボールを競るチェルシーのチアゴ・シウバ(2020年11月29日撮影)。 プレミア [11月30日 11:43]• 欧州L [12月4日 8:28]• 試合を動かしたのはだった。 なんとかペースを掴みたいユナイテッドはGKダビド・デヘアを使ってビルドアップしようとするが、結果的にはこれが裏目に出た。

14
29 プレミアリーグ第10節 サウサンプトン 2-3 マンチェスター・ユナイテッド] プレミアリーグは29日、第10節を行い、2連勝中のが、ここ7戦無敗 5勝2分 と好調ののホームに乗り込んだ。 今節はレスターとチェルシーがともに敗れ、ユナイテッドは勝てば3位浮上のチャンスだった。

マン・U救ったカバーニだが…OBキーン氏はやや不満も?「困惑している」

「2-1になってからはパスでリズムをつかむことができなかった」とスールシャール監督が言うように、サウサンプトンのペースになる時間が長かった。 後半39分 選手交代、テレス(27)がアウト、ウィリアムス(33)がイン 選手交代、アームストロング(17)がアウト、ディアロ(27)がイン 後半45分 後半47分 ゴール!!!カバーニ(7)がゴールを決める。

ブンデス [12月1日 0:24]• 2得点はいずれも自陣から繋いで奪ったものだったが、ビルドアップが改善されたというわけでもなかった。 これがゴールに突き刺さった。

マンUに生じたほころびの理由とは? 攻撃陣は好調を維持も、トップ4入りを阻む不安要素は…

次節、サウサンプトンは12月7日にアウェイでブライトンと、マンチェスター・Uは同月5日にアウェイでウェストハムと対戦する。 欧州L [12月4日 18:15]• マンUに生じたほころびの理由とは? 攻撃陣は好調を維持も、トップ4入りを阻む不安要素は… プレミアリーグ第35節、マンチェスター・ユナイテッド対サウサンプトンが現地時間13日に行われ、2-2で引き分けた。 プレミア [11月23日 22:33]• 先制したサウサンプトンが前からはめていくプレスをやめ、プレスの開始位置を下げたことが大きかった。

コンパクトな4-4-2の陣形で高い位置からプレッシャーをかけるサウサンプトンが立ち上がりから主導権を握った。

サウサンプトン対マンチェスターU

ブンデス [11月29日 9:14]• スペイン [12月1日 9:10]•。 接戦での試合運びという面では課題を持ち帰ることとなった。 続く33分にはウォード=プラウズがFKを決め、サウサンプトンがリードを2点に広げる。

4
「おそらく、今日の我々は勝ち点3に値しなかった」と指揮官も評価する内容だった。 マンチェスター・Uはその後徐々に圧力をかけていくと74分、CKからカバーニがヘディングで合わせると、ボールはゴール左下を捉え、試合を振り出しに戻した。