BS12 中国史劇「永遠の桃花~三生三世~」第51

夜華の棺に仙気が集まり出したのだ。 その後、夜華は青丘に戻った白浅を訪ねる。 帝君は石から名前を削らなければ「愛した」と「人間界に降りたのは自分のためだった」と… 十里桃林で亡霊のように過ごす白浅は、夜華の夢をみる。

14
白浅は、すぐに若水に駆けつけ、戦おうとするが、夜華がそれを制止し、夜華は一人で擎蒼と戦うのだった。

永遠の桃花 あらすじ55話

しかも、白鳳九は東華帝君(とうかていくん)に試練を経験させる使命がある司命星君(しめいせいくん)から無茶な注文をされて戸惑う。

4
再び東皇鐘を封印したのが白浅(はくせん)だと知った東華帝君(とうかていくん)は、司音(しいん)と白浅との関係を探ろうとするが、有力な情報は得られない。

第55話 心乱れて

そこで、白浅はまだ10歳の彼の前に姿を現すと、将来、自分以外の女性とは結婚しないようにと言い含めて…。 そして、東華帝君から鳳九にお祝いの品が届き、鳳九は、帝君に感謝を示す。

離鏡にできるのかしら? 素錦は、若水で修行をしながら、東皇鐘を見張ることになった。

永遠の桃花~三生三世~#55 あらすじ

夜華を抱いて一生ここにいるつもりだ。

それから2万年後、均衡を保っていた天族と翼族(よくぞく)との戦いが始まり、墨淵は翼族の王・擎蒼(けいそう)を封じるために犠牲となる。 すると、ついに天君も素錦を見放し彼女を罰することにしたのだった。

第55話 心乱れて

そして、彼女を追って西海に来た夜華(やか)に婚約解消を申し出て…。 その様子を見ていた九尾狐族の玄女(げんじょ)は、司音から離鏡を奪おうと彼を誘惑する。

19
礼を述べる鳳九の様子を天宮から銅鏡でのぞき見していた帝君。

永遠の桃花~三生三世~

夜華が狐狸洞の前に立ち7日、白浅は相変わらず酒をあおっていた。

10
白浅(はくせん)が三日三晩、結魄灯の火を守っている間に夜華(やか)は自分の手で神芝草を手に入れようと瀛州へ。 東華帝君は、その罪は極めて重い。

永遠の桃花~三生三世~#55 あらすじ

慌てる鳳九から白浅の話を聞いた司命星君は急いで洗梧宮へ。 戦いの衝撃で東皇鐘から飛び出してきた 擎蒼 けいそうと夜華、離鏡に反旗を翻した翼族の兵たちもいる。

15
簡単には立ち直れないですよね! 亡骸の代わりに、夜華の衣が十里桃林に埋葬された。

永遠の桃花 55話 素錦 なんだ嫌がらせだったの?

そこで、白浅はまだ10歳の彼の前に姿を現すと、将来、自分以外の女性とは結婚しないようにと言い含めて…。 一方、人間が玉清崑崙扇を持っていたことを不思議に思う夜華(やか)は、再び小さな龍の姿で白浅の前に現れる。

6
すると、そこに記憶を失い人間となった白浅がやってきて、彼を黒蛇だと思いこみ…。