オレガノ(アロマ精油)の香り、特徴、作用、使い方、注意点など

必要な分を株元から10㎝程度残すようにハサミで切り取りますが、収穫を長く楽しむために、茎と葉の間から出るわき芽を残すようにしてください。 花色は多くの品種ではピンクだが、一部の品種では白色。

甘くスパイシーな香りが特徴です。 【おすすめのブレンド】 グレープフルーツ・・・5滴 グレープフルーツは無気力な時に気持ちを高揚させ、活力を得ることに役立つ精油です。

オレガノの種類と驚きの効能~天然の抗生物質が庭に…!

オレガノ以外のシソ科の食物• ローズマリー• 【おすすめのブレンド】 パルマローザ・・・4滴 パルマローザは抗菌作用、抗ウイルス作用、抗真菌作用に加え免疫力を向上させることにも役立つ精油です。

10
このページのトップに戻ります。

オレガノ|育て方|花の写真|365花撰|栽培実践集

暑く乾燥した気候で育ったオレガノには、刺激のある力強い風味があるといわれます。 オレガノ・ハイブリッド ドライフラワー、リース オレガノ・ノートンズゴールド 黄色の明るい葉で花壇の縁取りやグランドカバーに オレガヌム・ラヴィエガツム・ピルグリム 紫に近い濃いピンクの花が美しい、切り花に オレガノ・ケントビューティー ドライフラワーやリースなどに ロツンディフォリウム 株もがくも大きめ ピルケルム 葉も花も小さめ、花はピンク ディクタムナス 葉色がシルバーなおしゃれオレガノ、花はピンクで小さめ ネオンライト 花はピンク、立性ですが花が咲くとやや垂れる オレガノの効能 古くから薬効が知られていて、古代ギリシャ、古代エジプトでも薬草として使われていました。

1
画像出典: 目次• 植え替え 根がよく張りますので、毎年植え替えをします。

オレガノ FF14 ERIONES

オレガノを育てるときは、水はけがよく肥沃な土を用いましょう。 オレガノにはパラシメンという成分が含まれており、この成分が鎮痛作用を持っています。 気分を変えたい時、空間に数回スプレーしてください。

15
美肌効果 オレガノに含まれるビタミンが、肌荒れやシミ・シワ・くすみを防止して 美肌にする効果があります。 スポンサーリンク オレガノの作用は?どんな時に役に立つの? オレガノが持つ様々な作用は、具体的にはどのような不調に役立つのか?を紹介していきます。

オレガノの種類と驚きの効能~天然の抗生物質が庭に…!

1年後は葉を摘む程度に留めて、2年目からは茎の3分のを残して刈り取り、陰干して利用される。 高濃度や長時間の使用は避け、 低濃度、短時間の使用をするようにします。 疲労回復効果• 火からおろしたら、チーズをのせて再びふたをして、チーズがとろけてきたところで完成です。

9
ヨーロッパには中世になって入ってきて、当時の貴婦人たちが、 花束、匂い袋、手を洗う水に入れるために オレガノを求めました。

オレガノ(ハーブ)とは

png ;background-position:0 -98px;background-repeat:no-repeat;-moz-background-size:280. 田中孝治『効きめと使い方がひと目でわかる 薬草健康法』〈ベストライフ〉、1995年2月15日、104頁。 オレガノにはパラシメン以外にも皮膚刺激を感じさせる成分が含まれていますので、使用する時は植物オイルなどで1%以下に希釈しましょう。 混ぜ合わせた液体をスプレー式の遮光瓶に入れて使ってください。

6
オレガノは春または秋に種をまき、香りのよいものを選んで、 日あたりがよく水はけのよい場所に定植します。

オレガノ FF14 ERIONES

沈静作用 イライラや興奮、不安や怒りを沈静して、 心を落ち着かせる効果がオレガノにはあります。 パルマローザは妊娠中の方は控えたほうが良い精油です。 植える時期: オレガノの植え付けや種まきは、4~5月および9~10月が適期になります。

3
スポンサーリンク オレガノの使い方・活用法 オレガノは刺激の強い成分を含む精油です。

オレガノ(アロマ精油)の香り、特徴、作用、使い方、注意点など

やる気が出ない時に オレガノは神経強壮剤として活用されていた歴史を持っており、心を刺激し、元気づける働きがあるとされています。 タイム• 香りは開花期に強くなるので、この時期に収穫して 乾燥保存するのがおすすめです。

20
ドライフラワーにしてポプリやリースの素材としても利用することができます。

オレガノ FF14 ERIONES

少量でも香りが強いので、分量に注意してオリーブオイルに入れてください。 消化促進• 現在でも伝統薬として風邪や消化不良、胃の不調に内服されますが、妊娠中は避けます。

17
は概ね卵形で、長さ1. 肉料理(ソテー)に使う場合は、塩コショウで下ごしらえするときに一緒にすり込むと、食欲をそそる香りづけになります。 クレイジーソルトのように他のハーブやガーリック、岩塩などと混ぜた調味料を作っておくと、お肉やサラダなどに気軽に振りかけて使うことができるのでおすすめです。