エレイン・ペイジ

16歳の時に『 』にキャスティングされ、ヨーロッパで撮影した。 エレイン・ペイジは、「エビータ」の主演に続き、この歌のヒットにより、不動の名声を獲得しました。

13
25rem and -ms-high-contrast:active ,only screen and min-width:61. 1995年には長年の功績を評価されを叙勲。 こちらは劇的な表現で、聞いていて鳥肌が立つような名演です。

エレイン・ペイジとは

She is smilling alone In the lamplight The withered leaves Collect at my feet And the wind Begins to moan Every street lamp Seems to beat A fatalistic warning Someone mutters And the street lamp gutters And soon it will be morning Memory All alone in the moonlight I can smile at the old days I was beautiful then I remember the time I knew what happiness was Let the memoy live again (歌詞和訳) 真夜中 舗道からざわめきが消えて 月が思い出も消してしまったの? 彼女は灯りの中で 一人寂しくほほ笑んでいる 朽ち落ちた葉が 足元に寄せ集まり そして風がうなり始める すべての街灯が 終わりだというような 警告を鳴らしているよう 誰かがささやき 街灯も消えて 夜明けはもうすぐ 思い出(メモリー) 月明かりの下で 一人ぼっち 過ぎ去った日々を思えば微笑むことができる 私が美しかったあのころ どんなにか幸せだったことか 私は忘れはしない 思い出よもう一度よみがえって ロレッタ・リンの「炭坑夫の娘」は70年台を代表するカントリーの傑作です。 2018年にはダンサー・振付師である女性と結婚した。

きっと温かい気持ちと生きる勇気が湧いてくると思います。

エレイン ペイジ ストックフォトと画像

Maher, Kevin 2007年10月27日. エレイン・ペイジの歌う「メモリー」は、透きとおるような清涼感がある声で、哀愁を帯びた表現が、心に染み入るような魅力があります。

20
063rem solid e638c5;padding-top:. 『』の映画評論家のからは「驚くほどの才能」と評され 、または「エレン・ペイジのジュノよりも優れた演技は今年あっただろうか? 2003年度 Best Performance in a Childrens' or Youth Program or Series 『 Mrs. 2013年1月、は『』でペイジが再びキティ・プライドを演じることを発表した。

エレイン・ペイジ

2012年11月10日閲覧。

16
メディアでの評価 [ ] 『』の「世界で最もセクシーな女性」では2008年に86位、2009年に93位となった。

キャッツ「メモリー」 CATS

またの監督デビュー作『』に主演し、、、バリモア、らと共演した。 。 2001年には『』の第2シーズンに出演した。

2
日本語吹き替えでエリオット・ペイジの声を担当している。

エレイン ペイジ ストックフォトと画像

2009年6月21日閲覧。 バーブラ・ストライサンド、オスカー、エミー賞、ゴールデングローブ賞、グラミー賞、トニー賞など数多くの賞を獲得しているアメリカを代表する女優・歌手であり、映画監督・製作・脚本もこなす才媛です。 公演版を聴くことで歌詞の起承転結がはっきりと分かり、歌のストーリー、夜の訪れから夜明けまでのグリザベラの心理の変化もよく理解できると思います。

17
ソロアルバムも多数発表している。

エレイン ペイジ ストックフォトと画像

2009年6月21日閲覧。 『エビータ』ではエヴァ・ペロン役を演じ、ミュージカル部門最優秀パフォーマンス賞を受賞した。

063rem solid cdcdcd;margin-bottom:. 女優 [編集 ] 1968年、20歳でデビューを果たし、らと共に、『エビータ』、『キャッツ』『サンセット大通り』などの演目を成功させ、ロングランに導く。

エレイン ペイジ ストックフォトと画像

2012年4月イタリア公開(アメリカでは7月公開)の監督作品『』に出演する。

Keveney, Bill 2008年9月25日. 1995年には長年の功績を評価されを叙勲。

エレン・ペイジ

2007年度 ブレイクスルー女優賞• 経歴 [編集 ] 女優になるまで [編集 ] 父は不動産屋を営み、母は婦人帽製造を手がけていた。 またにもノミネートされたが、『』のに敗れた。 ミュージカル『キャッツ』のグリザベラが歌う「メモリー」です。

2010年5月1日閲覧。 2008年6月に『』の「未来のAリスト俳優」に挙げられた。