大事な選択!「総合職」と「一般職」9つの違い

みなさんは、 「総合職」「一般職」「地域総合職(エリア総合職)」の違いをどれほど説明できるでしょうか。

一般職とは 一般職は定型的、補助的な業務が主となる職種で、一般事務として総合職をサポートします。 総合職はキャリアアップやキャリアチェンジがしやすい働き方と言えるでしょう。

女性の働き方:総合職・一般職・エリア総合職(地域総合職)の違いは?就活生が悩む3つの職種を比較してみた|就活サイト【ONE CAREER】

また、最近では、一般職が行ってきた仕事の多くを派遣社員やパートさんに任せる企業が増えており、一般職の業務は、派遣やパート社員の管理に移行しつつあります。 給与:高い• 多くの会社では総合職として入社後に営業や開発、人事、設計など業務割り振られ、それらの業務を専門的にこなしていきます。 総合職と一般職では、基本給も、その後の昇給率も違っています。

20
関係業界・政界への転身もある 課長から上は出世競争になり、 関係業界や、独立行政法人への再就職、政治や学者の世界への転身をするケースもあります。 総合職の職員は、政策の企画・立案や高度な知識、技術を必要とされる重要なポストを担い、ゼネラリスト的な思考を持った、行政のプロフェッショナルとしての活躍が期待されます。

一般職と総合職の違い!年収はどれくらい違う?仕事内容の違いも

企業における一般事務などのように、定型的な業務や補助的な業務を担う職のことを指すことが多いです。

様々な違う部署を経験しながらスキルアップを行えます。 このページの目次• 就活を有利に、効率よく進めることができます。

一般職と総合職の違い!年収はどれくらい違う?仕事内容の違いも

理由は下記です。 異動 総合職は、転勤と同様に会社の業務内容によっては、それまでとは全く異なる職種に突然異動ということもありえます。

業務内容 総合職と一般職では業務内容が違います。 もちろん一般職だからといって残業がない訳ではない。

国家公務員の総合職と一般職の違い

「総合職」と「一般職」の違いとは? ここでは、「総合職」と「一般職」の違いについてご紹介します。 商社とは 総合職と一般職では働き方が異なっています。 事前に先輩社員などとの繋がりを持ち、話を聞いて現状を確認できるのが理想的ですね。

残業:多い• 総合職の場合 総合職の場合、将来的なキャリアアップも考えてさまざまな部署や職種をローテーションし、部署や職種が固定されないケースも多いです。 では、どのような基準で自分自身の働き方を選択すれば良いか説明していきます。

大事な選択!「総合職」と「一般職」9つの違い

結論からいうと、入社後に一般職と総合職の転換が可能かどうかは企業の制度によります。 給与・待遇 「総合職」と「一般職」は、当然ですが待遇も違ってきます。

女性は一般職を選んだほうがいい? 全国都道府県の知事の半数以上が総合職出身者で占められるなど、退官後にも仕事の経験を活かして活躍する方が多いです。

一般職と総合職の違い

一般職とは? 一般職は「一般事務などの定型的・補助的な業務を担う職」のことを指します。 国家公務員の総合職に対して一般職は主に事務仕事を担当。

18
そうは簡単にいかないようです。

総合職と一般職、地域総合職の違いって?|インターンシップガイド

ただ、総合職から一般職に変わる、というのは比較的容易な会社が多い一方で、一般職から総合職にかわるためには、上司の推薦や試験に通ることが必要など、かなり難しいと言われています。 プレッシャーを感じるシーンも多いですが、昇進や昇給、スキルアップが望める環境です。

20
これらの職種へ就くには大学や専門学校で特定の課程を修めていることや、定められた資格を取得していることなど、基準が設けられているケースもあります。

一般職と総合職の違い!年収はどれくらい違う?仕事内容の違いも

【経済産業省】ハーバード大学(公共政策学)、【財務省】カーネギーメロン大学(経営学)、【警察庁】オックスフォード大学(公共政策学)など• 会社によっては全国転勤が伴う場合がありますので、結婚後のことを考えるとなかなか踏み切れない部分もありますよね。 一般職の出身校は四年制大学だけでなく、短期大学や専門学校からの就職などさまざまです。 ただ、この言葉の使われ方としては多くが事務職であるという点が挙げられます。

7
総合職の方が様々なことを学べる 上記でも記載しましたが、一般職とは営業などのアシスタント業務が中心となるため、入社から転職する(または退社する)まで基本的に業務内容が変わりません。