格闘戦特化型フレーム採用!「ハイレゾリューションモデル ゴッドガンダム」10月発売決定!

シャープさはありますね。 可動範囲など。

8
肩にマシンキャノンの装甲がありますが、干渉なく左右に可動させることができます。 可動するつま先パーツは接地性が、ラバーパーツを施した足裏はグリップが、それぞれ向上。

「ハイレゾリューションモデル ゴッドガンダム」&「HG ペーネロペー」本日出荷!

ゴッドの前に発売されたと並べてサイズ比較。

6
主にグレー系のパーツが多く、口や肘周り、胸部エネルギーマルチプライヤー、腹部辺りがパーツで色分けされています。 各部の可動箇所を簡単に見ていきます。

HRM ゴッドガンダム レビュー

MGは手元にないので、HGのゴッドガンダムとサイズを合わせてプロポーションを比較。 。 外装パーツを取り付けるだけだから楽かなと思っていたのですが、意外と大変でした。

スーパーモード展開~ リアウイングは軸をKPS素材に変更してます。 適当に何枚かどうぞ 体型バランスがいいのか、足を上げたり、片足立ちさせたりすることもできました。

HRM ゴッドガンダム レビュー

ゴッドフィンガー用のクリアオレンジパーツも同梱• また中央にはジュエルシールを貼る方式でキングオブハートの紋章も見えます。 。

12
ただ、サイドアーマーは外装との組み合わせダボが各部に露出してしまいます。

ハイレゾリューションモデル ゴッドガンダム レビュー

コアランダーをいろんな角度から。

15
前腕のゴッドフィンガープロテクターは前腕手首辺りから伸びるアームによって展開。 細身ですがバランスがよく、内部フレームのみの状態でも自立は安定します。

「ハイレゾリューションモデル ゴッドガンダム」&「HG ペーネロペー」本日出荷!

片足を上げてキックなどの大胆なポージングも可能となります。

5
ウイングは展開させることで、ハイパーモードとしての演出が可能。 たまたまなのかこういった仕様なのかはちょっと分かりません。

HRM ゴッドガンダム レビュー

フレームはソール部分に金属が使われているようですが重量自体は軽めです。

今回もフレームの可動ギミックは非常に凝ったもので動かし辛そうなデザインですがよく動き保持力も良好。 もうちょっと下がると買いやすいですよね。

ガンプラ史上最も動く!? 格闘戦特化の「ゴッドガンダム」が驚異的可動で立体化

では組み立てていきましょう! 格闘に特化したフレームを採用! 可動域とバランスのよさに驚愕 ハイレゾリューションモデル最大の特徴は、本体のフレームが完成した状態で入っていることです。 ゴッドフィンガープロテクターは展開し全ての爪が可動します。 表面のラインや側面の内部構造などもパーツで色分けされています。

13
(個体差があるかも。