「一人の100歩より、百人の1歩」という名言があるそうで

それが王者の治世というものです。

10
夏休みの補習が決まった彼と私のテストの点数は 五十歩百歩だ。

五十歩百歩とは

そんなことに労働者が利用されている。

2
」で答えたこ とから、この語ができた。 差が大きすぎるもの同士、すぐれた者同士に使うのは誤り。

五十歩百歩(ごじっぽひゃっぽ)の意味は由来まで知ると分かりやすい

そのあと孟子はこう続けます。 ついには、こんなめいた言葉が労働者の側からも聞こえてくるようになります。

15
孟子は逆に問いかけます、「戦場でいざ戦いが始まった瞬間、怖くなって五〇歩逃げた兵と、一〇〇歩逃げた兵がいたとします。

【五十歩百歩】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

場の雰囲気は悪くなる一方。

13
が美醜から才能へ ( )ったところで、 五十歩百歩のことである。 今、まさに太鼓をたたいて、干戈を交えようとしたところに、鎧を脱ぎ捨て武器を引きずって逃げた者がいます。

五十歩百歩(ごじっぽひゃっぽ)の意味は由来まで知ると分かりやすい

スポンサーリンク 五十と百って全然ちがうんじゃないの? すでに広く知れ渡っている 慣用句ですから、いまさら疑問にも 思わないかもしれませんが よく考えたら、五十と百って、全然ちがいます。 それを聞いた孟子は「その道理がわかるなら、自国と他国を比べることはやめましょう」と恵王を諭したのでした。 そんな組織で、目上の者から聞かされる言葉が、「一人の100歩より、百人の1歩」で頑張ろうなのです。

Aという商品を100個売らなければならないことは、顧客には何も関係ありません。

五十歩百歩

[ながもり・しげのぶ](創業者)という方の言葉とのこと。 この言葉を知った時はいい言葉だなあ、なんて思っていたこともありました。 ロシア語:. 人に使う場合は注意しましょう。

1
」孟子は言った「王がこれを理解なさるなら、民が隣国より多いことを望むべきではないでしょう。 組織として未熟なのが問題。

五十歩百歩

類義語:• (孟子) 【備 考】 孟子(もうし)(紀元前372~紀元前289) 「性善説(せいぜんせつ)を唱え、人はみな善(ぜん)へ向かう ものと説明した。 それによって評価を付けるからです。

20
曰く「王如し此を知らば、則ち民の隣国より多きこと望むこと無からむ。

故事成語「五十歩百歩」の意味と使い方:例文付き

百歩譲ってとは、相手が百歩先に進むのを許して、つまり相手の主張の大半を認めて、という意味だが、「百歩譲る」ではなく「譲って……」と言葉が完結していないのは、そのあとに「百歩は譲るけれども、肝心のところは絶対譲れない」というかたくなな拒否の態度が続くからである。 ついには、こんなめいた言葉が労働者の側からも聞こえてくるようになります。

7
一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。 似たり寄ったり。

「五十歩百歩」とは?意味や使い方をご紹介

類語について 五十歩百歩の類語は、わりとありますが、 もっとも意味が近いのは 目糞鼻糞を笑う(めくそはなくそをわらう) 団栗の背比べ(どんぐりのせいくらべ) でしょう。 それは何故か」 すると孟子は、次のように問いかけます。

13
この商品をいつまでに何個売れ、と命令されたり、労働者同士で競争させられたり。